のりちゃんとの密会

第3回どくだみ結集を大成功に収め、2000某年の年末です。

簡単に前回までのあらすじを書きます。
どくだみとは、理容師の修行時代の仲間です。
住んでたアパートが、漫画のドクダミ荘みたいだからです。
その、ドクダミの集まりの飲み会をどくだみ結集と呼んでいます。
その飲み会に、優良の出会い系サイトハッピーメールでシロコンを探します。
シロコンとは、素人コンパニオンの略です。
合コンに参加してくれる女性の事です。

そんな、第三回どくだみ結集を終えもうすぐ、2000某年の年末です。
第三回ドクダミ結集には、4人のシロコンが参加してくれました。
連絡を取ってたのが、さよっぺ(単独で来ました)とのりちゃん他2名です。
さよっぺは、2次会でパイ乙を露出しその後私とホテルへ行き、やり終わった瞬間イビキをかき寝てしまったとんでもない女です。
のりちゃんは、可愛く1次会でお別れした子です。

私は既婚です

嫁実家は東京の中野です。
修行先の娘と結婚した私は、正月は毎年東京の中野へ行くのです。
元旦早朝に地元長野を出発して、中野へ11時くらいに到着して昼宴会です。
翌日二日早朝に浅草へ初詣です。
その後私は上野ので下車して、フラフラ長野へ帰るのが例年の行動でした。

私は上野下車後、今年は帰らずシロコンと密会を出来ないかと考えたのです。
さよっぺも、のりちゃんもアドレスはゲットしてあります。
当然優先順位はのりちゃんからです。
クリスマス過ぎに、のりちゃへんのメールから始まります。
のりちゃんの正月の過ごし方は、実家の浪江に帰省するのが例年のパターンみたいです。
30日はメールから電話攻撃に移ります。
「正月2、日東京にいるんだけど又飲まない?」
こんな会話です。
そうすると、何とこころよく了解してくれたのです。

浪江から2日の午後は帰って来てくれるようです。
私の頭の中には、 元旦は嫁実家  →   二日早朝浅草   →   二日午後のりちゃんと再会   →    新宿で飲み   →   どうなるか?

理容師のため31日まで仕事ですが、正月が楽しみになってきました。
忙しい年末の仕事を終え新年を迎えました。
元旦は中野で宴会です。
2日早朝に浅草へ初詣です。
私は帰宅途中の上野で下車です。
のりちゃんとの待ち合わせは、アルタ前18時です。
パチンコして時間つぶし、さて18時です。

アルタのエレベーター前にのりちゃん発見です。
二人ともお酒が好きなので、早速飲み屋さんへ行きます。
のりちゃんは、チェーン店は嫌だと言います。
値が少しはりますが、ちょっとした割烹居酒屋へ行きました。
二日の新宿は混んでいます。
店内も満員状態です。
正月なので奮発して、どんどん飲み食べます。
2時間経過です。

二人ともいい感じ酔ってます

2次会は以前シロコンで使用したアラビアンロックです。
店内はアラブ風で暗いので酔った勢いでいちゃつけます。
なかなか、いい感じになってきた二人です。
知らないうちに手もつないでいます。
ここ確信しました。
今日はいける。

アラビアンロックを出て、ホテルに向かおうとするのですが歌舞伎町のラブホテルでは嫌だというのです。
しょうがなく、新宿ワシントンホテルへ急遽電話をして運良く予約が出来タクシーでワシントンンへ向かいます。
ワシントンは高層なので、夜景で酔ってしまいそうです。
最高の夜を過ごし、翌日ラーメンを食べてお別れでした。

しかし又、翌週又東京に行く用事が出来たのです

成人の日の月曜日の祭日です。
のりちゃんに連絡したら、快く了解してくれました。
待ち合わせは、京王デパート前朝8時です。
さすがに空いてるので、すぐお互いが分かります。

どこに行ったかというと、酒好きの二人は朝から何と思い出横丁で飲みます。
しかも、朝から二人で焼酎のお湯割りです。
こんな女の子いいです。
二人でそれぞれ、焼酎のお湯割りを5杯ずつ飲み外を眺めると真昼間です。
2時間経過で店を出ます。

今度は昼間から、歌舞伎町のホテルへ向かいます。
今でも、のりちゃんの「もっと突いて」の言葉は覚えてます。
エッチの時の言葉です。
これからも、ずっと会いたいのりちゃんですが遠距離ため断念です。
のりちゃんに聞くと、前回の彼氏とも不倫関係だったようです。
だから、お金は全く払うつもりなんかなかったのかと思います。

次回又もさよっぺ登場です。
このシリーズも後2話で終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です